進路指導・私の工夫

【進路指導・私の工夫】家庭環境・経済環境の厳しい生徒の、進路決定に向けたフォロー

情報提供・ガイダンス

1年生のうちから進学にかかる費用を紹介

1年生のうちから進学にいくらかかるか、その資金の調達方法を紹介している。あとは懇談をいかにうまく行うかでしょうか。ない袖はふれないので難しい問題です。奨学金も進学ローン化していますし。(大阪府)

奨学金・アルバイトの活用例を紹介

奨学金やアルバイトなどによって、保護者に全く負担をかけないだけでなく、家庭にお金を入れることさえ可能となるケースもあることを紹介する。とにかく生徒を取り巻く環境の負の部分によって、生徒の希望が叶えられないということにだけはならないよう手を尽くす。 (愛媛県)

卒業生の事例を伝え、見通しを持ってもらう

奨学金やアルバイト情報など、具体的な進学後のお金の流れなどを保護者、生徒といっしょに考える。また、過去の同じような境遇の卒業生の事例などを提示し、「こうすればやれる」という見通しをもってもらう。(北海道)

社会環境の厳しさと生徒の実力の乏しさを伝える

全体指導としての保護者会を、適時に、回数多く打つ。まずは、社会環境の厳しさと、生徒の実力が乏しい実態を理解してもらう努力を惜しまない。特にお金の話は、入学式のときから意識させるようにしている。
個別は、三者面談と、保護者会後のクラス懇談を活用。(静岡県)

リクナビ進学の情報を学級通信に活用

保護者会や面談で、上級学校への進学はお金がかかることを伝えています。また、学級通信などでもお金の話は取り上げていきます。まさに、リクナビ進学の役立つ場面なので、引用をし学級通信で発信するつもりです。(東京都)

自分への投資である学費は自分で払うのが道理と伝える

経済環境が厳しい生徒については、現実的なお金の話(受験料や学費など。あるいは仕事の給料)も生徒にしますし、もちろん奨学金の話もします。
そして自分への投資である大学の学費は自分で支払うのが道理である、現時点では持ち合わせがないので親や貸与型奨学金を頼らざるを得ないが、将来働いて稼いだ自分のお金から出すのだ、という話をしています。
さすがに私大医学部などは、借りるにしても限界がありますが、「お金の都合で志望校が制限される」という状況は出来る限り生まれないようにしています。(東京都)

三者面談

面談前に担任の口から伝えてもらいたいことを確認

保護者面談の前に、かならず生徒本人とどんなことを話すか、親に直接言えないが、教員から言えることはあるか、など確認した。これは、家庭環境が特に厳しくなくても、親と本人の希望が食い違うときには有効だと思う。
また、保護者懇談では、逆に、本人には直接言えないが、教員から間接的に伝えて欲しいことはないかと聞いた。(北海道)

生徒の立場に立って保護者に伝える

保護者の意見や気持をしっかり聞いた上で、生徒の立場に立ち生徒の思いを保護者に伝える。(静岡県)

生徒・保護者がお互い納得するまで話し合い

とにかく保護者、本人の本音をまず言わせます。その後面談の機会をつくり、あとは、納得するまで話し合いです。(愛知県)

生徒・保護者と別に面談を行ってから三者面談

家庭の経済環境に関して、子どもに知られたくない保護者の場合、生徒との二者面談と保護者との二者面談を行い、生徒・保護者双方の考えを聞いている。その上で具体的な解決策について、三者面談をおこなう。(和歌山県)

生徒の言葉・保護者の言葉の翻訳者になる

保護者と生徒との関係が良好でない場合は、日頃から生徒と話をしながら、進路決定へのアドバイスをしている。同時に、三者面談ではお互いの希望進路が異なる場合、担任が生徒の言葉をわかりやすく説明したり、保護者の気持ちをかいつまんで生徒へ説明するようにしている。(埼玉県)

入学手続金の工面方法についても突っ込んで確認

早くからお金の話をする。指定校推薦が決まった後になって「お金がないので行かない」と言いだす生徒が例年います。卒業年次での面談では入学手続きのお金をどのように工面するかなども突っ込んで聞きます。(東京都)

家庭との連携

全家庭の保護者と電話でやりとり

生徒の夢の実現のために、家庭での協力を求めるようにしています。
昨年は、夏休みに全家庭の保護者と電話でやり取りをしました。これにより、知ることができた情報もあったので、今後もそのつもりで家庭との連携を深めようと思っています。(東京都)

携帯に電話して保護者と情報交換

環境の厳しい家庭では、まず保護者が学校に来られないケースが多いので、できるだけ保護者の携帯電話などを利用して頻繁にコンタクトをとり、情報交換を心がける。(兵庫県)

生徒への課題

学費について調べさせる

授業料免除や奨学金について調べることを、学習の動機づけとする。(北海道)

やりたいこととそのための費用を生徒に自覚させる

まず本人の希望をはっきりさせること、そこから始まるのではないかと思います。自分が何をやりたいのか。そのためには何が必要で、どんな費用が発生するのか、生徒に自覚させることが大切だと思います。(神奈川県)

保護者と話し合いのできる課題を与える

経済面については、奨学金のお知らせくらいしかできませんが、保護者と話ができてない場合は面談の場で意図的に保護者と生徒で話し合うように課題を与えます。
例)「○学部と△学部のメリットデメリットについて2人で表を作り、3日後のHRで提出してください」(神奈川県)

具体的な進路の提案例

大学の夜間コース等

地域の市町村がやっている奨学金の情報をまとめて流す。また、学習意欲がある者には国公立や東京理科大の夜間コース等をすすめてみる。(夜学は教授陣もそろっているし学費も安く、しかも社会人や様々な経歴の人から刺激を得られる。資格も取れ、卒業後奨学金の返済にも追われないですむ)。(北海道)

職業訓練校

学校を通じて三者面談等で意思疎通を図っていくしかない。取りたい資格ややりたいことを具体的に聞いていき、それにあわせた進路を考えていく。場合によっては職業訓練校なども勧めていったり、学費を比較しながら考えていく。(神奈川県)

新聞奨学生

両親が亡くなり生活基盤の厳しい中、朝・夕の新聞配達・奨学金制度の活用で、住み込み条件でクリア。無事3年間で卒業させた過去の生徒の事例を話し、状況は必ず乗り越えられると、親身に話をし、最善策を探るようにしています。(大阪府)

社会に出て活躍する方法は進学だけではないと伝える

工業高校なので実社会に出てから活躍する方法は進学だけでないことを知らせています。(福岡県)

アドバイスする際に気を付けていること

中立的な立場に立つ

両親や祖父母との意見が食い違っている場合には、生徒間との中立的な立場に立って話を聞いたり、アドバイスを行うように留意した。(千葉県)

現実的な話をきちっとする

親の経済的な問題がある時には、楽観的な期待や奨学金など安易な話はしない。現実的な話はきちっとする。(岐阜県)

精神論を振り回さず、具体策を示す

奨学金、授業料免除等、経済的援助の方法を、可能な限り具体的に、多く示すことだと思います。精神論を振り回すのではなく、徹底して調べて、こんな方法もある!と実際の支援策を示すことで、教師の誠意が伝わります。(滋賀県)

深入りは避ける

進学希望の場合には、奨学金制度等を紹介するようにしていますが、最終的には、家庭の問題に帰するので、「深入り」は避けるようにしています。(千葉県)

夢や希望を持たせることも大事

生徒と1対1で、じっくり話し合う、今までの先輩の実例を紹介するといったことをしています。また、現実は現実として夢や希望を持たせることも大事です。(神奈川県)

打ち手を調べ、資料を揃えた上で伝える

生徒との人間関係を作り、本人の気持ち、本心を早めに聞き出す。そのうえで、例えば進学したいんだけど、家庭的に経済的に無理…という場合なら、打つ手はあることをきちんと調べて、資料を揃えた上で本人と保護者に伝える。(青森県)