進路指導・私の工夫

【進路指導・私の工夫】進路指導、私の失敗

自分の思いや方針を優先し、生徒の気持ちを汲み取れなかった

生徒の考えを話させようとすると、我慢できなくなり、ついつい口を出して、誘導してしまいます。もっと我慢し、生徒が自分の考えを話せるような指導を心掛けたいですよね。(宮城県・私立)

生徒の成績だけを優先して、生徒の真の進路希望を十分にくみ取れず、相談に十分な時間をかけられなかった。(大阪府・公立)

生徒の現状を本人の口から十分に引き出せず、こちらのアドバイスばかりを話しすぎた。生徒のもやもやした考えや思いについて、気づきと方向性を与えられるようにしたいです。(神奈川県・私立)

1)弱気になって易きに流れてほしくない…という想いから、推薦入試のデメリットを説くあまり、「この学校は推薦に対して否定的だ!」という偏った印象を与えてしまった。→心配性のため1つ合格をキープしてから一般入試に臨みたいという生徒も一定人数存在することを意識することも必要だと反省。
2)5教科粘って頑張って欲しい…という想いもあり国公立大学のメリットを説くあまり、「この学校は私立大軽視だ!」という偏った印象を与えてしまった。→極端な言い方にならないよう、配慮が必要。(滋賀県・公立)

理系にいた生徒に理学系か工学系、もしくは情報系のどの分野に進みたいかと尋ねてしまった。最初から文系の選択肢がない聞き方をしてしまったので、生徒は情報系と答えたが、実は法学部に進みたいと考えていたことを、保護者との三者面談のときに初めて知った。こちらから選択肢を決めつけて示すのではなく、本人からどの道へ進みたいのかを答えさせるようにすべきだったと、後から反省させられる経験となった。(神奈川県・公立)

公務員を志望する生徒に、「専門学校に行ってもいいけど、やる気さえあれば4~5年間分の過去問を購入し、アルバイトも少ししながら毎日図書館に通って2~3年勉強すれば良い」とアドバイス。しかし生徒の勉強する意志が弱く、また自分で本の解説を見ながら学ぶ能力が少し乏しく、次第に勉強が遠ざかりアルバイト人生になってしまった…。この経験から、入学金や授業料を借金してでも公務員専門学校に行くよう指導すれば良かったと後悔しました。自分は予備校に行かせてもらえず、自宅浪人でやりきったしやりきるしかなかったので自分の経験を通して「なせばなる」と思ったから、そのような指導をしました。でも一人ひとりの性格や能力をよく考え、生徒のやり抜く力、頑張る力を充分見抜いていなかったことが反省です…。(沖縄県・公立)

「何になりたいか?」ばかりを聞き、職業と学部をつなぐことしか言えなかった昔の自分の進路指導には反省しかありません…。職業と絡めずに「どんな学問に興味を持っているか?」「どんなことに熱中しているか?」などと聞き、どこにひかれるのかを聞けば、もっとよかったなあと思います。(京都府・私立)

ほうっておきすぎた

若いころ進学校に居た時に、クラスに唯一1人だけいた就職志望の生徒をないがしろにしてしまった。進路室にきた求人票を与えて勝手に探させ、全くアドバイスらしいこともしなかった。今から考えても、あんまりな対処だったと思う。結局なんとか卒業までには就職先は決まったが、私にいい印象は持っていないだろう。(青森県・公立)

AO入試に合格しない生徒を、繰り返しチャレンジさせた。もっとよく話して方針を決めればよかった。(愛知県・公立)

言葉が後手にまわってしまった年があったので、早め早めに、そして繰り返すようにしています。(大阪府・公立)

事前に会社を見ることなしに就職試験を受けに行き、初めて訪れて周辺環境などが自分のイメージと違って後悔している生徒がいた。企業研究の際には、実際に見に行くよう指導しているが、徹底していなかった。(兵庫県・公立)

面談をもっと頻繁にやればよかった。積極的な声かけが必要だなと反省している。放課後面談を1日一人、時間を切らずにすると、何人かから驚くような意外な情報が入ってくるので大事。(富山県・公立)

生徒の実力・伸びしろを見落とした

先生になって最初に担任したクラスで、在学中は運動部に在籍して勉強をしておらず学力がかなり不十分な生徒がいた。浪人中も「難関大学1本で滑り止めを受けない」というので、「現実を考え、少なくとも滑り止めは受けた方が良い」という指導をした。結果的に第一志望に合格し、後日私の指導に対して「恨んでいる」と言われた。過去の進路データだと、その生徒の成績は合格実績にはるかに及ばなかったので、先入観で「受かるはずがない」と考え、その生徒の浪人中の学力伸長状況を丁寧に確認しなかった。当時の自分が未熟だったとしか言いようがない。基本的に生徒の可能性を信じ、浪人中の模試データや生徒の学習状況に関して丁寧な聞き取りをすべきであった。(埼玉県・公立)

学業不振の生徒と保護者に3者面談の時に、「この成績と出欠状況では就職は難しいかもしれません」という感じで話をしてしまったことを後悔しています。仮に難しいとしても「最期まで就職できるよう応援します」くらいのスタンスをとるべきでした。その後その生徒は、アルバイト先の外食産業から「指名求人」をもらい、自力で就職しました。学校ではぱっとしない生徒でも、アルバイト先では高い評価を得ているケースが結構あるようです。(千葉県・公立)

簡単にその時の学力で進学できる学校を薦めてしまったとき。ある程度の時期になれば、その時の学力で進める学校は限られてきますが、もっとその生徒の現状にあった学校を見つけてやることはできたはずだと未だに考えます。(北海道・公立)

厳しい現実をはっきり伝えられなかった

学力が足りない生徒にはっきり宣告できなくて、2浪したこと。逆に「人生長いから早めに社会に出て経験を積んだ方がいいよ。○○大学にしてみたら」と促して、結果として成功したこともあります。その生徒の場合、進学してから「やっぱり志望校を変えて良かった」と生徒にもいわれました。(北海道・公立)

1)医学部の浪人は2浪まで。その後仮面浪人しても結局受からずに悶々としている例が多いため。2浪でダメならすっぱり切り替える心構えを作っておくよう指導している。
2)ブランドにあこがれて学部学科にこだわらず、「とりあえず○○大学に進学したい」という生徒はケアが必要。結局、就職できず、再度進路を変更した例がある。(静岡県・公立)

人任せ・外部任せ・数字任せにしすぎた

教師になり始めの頃、ベテランの先生に「この生徒の指導は任せろ」といわれ、お願いしたら、かえって生徒がダメになってしまった。関係改善に時間がかなりかかってしまった。(青森県・公立)

外部に依頼した進路講演の際、本校の進路指導方針と矛盾するデータが入っており、その後混乱した(しかもたった1つ)。外部に講演を依頼する際は、細部まで内容のチェックをする必要性を痛感した。(静岡県・公立)

進学の場合、あまりに受験業者のデータに頼りすぎた進路指導を行ってしまった。生徒の力や志望をもとにした、もっとテキトーな進路指導(言い方に語弊はあるが)をしてもよかった。今も模試のデータなどを振りかざして、生徒に進学指導や進路指導をしている先生を見ると、「違うだろ…」と言いたくなる(言わないけど)。(青森県・公立)

生徒に任せるべきところを自分でやりすぎた

「経済と経営の違いは?」などの質問に、知りもせずに頑張って答えていたけど、一歩踏みこんで、生徒に調べるように言えばよかったなあと思います。たとえばゼミの違いを調べてみる、先輩に聞いてみるなど。(京都府・私立)

生徒から頼られ過ぎてしまうことがある(厳しく突き放すことも必要)。(福岡県・公立)

保護者と生徒との関係をおさめきれなかった

月並みですが、懇談中に親子げんかが起きてしまった。進路について家庭でもっと話し合ってもらうなど、懇談前に下準備をするべきでした。(大阪府・公立)

保護者と本人の希望が折り合わない場合は、やはり生徒の希望に沿う形で着地点を見つけるべきだと思います。親の希望を優先した結果、結局進路を変更してしまう生徒が多いように感じます。(神奈川県・私立)

グサッとくる言葉をストレートに言い過ぎた

絶対に無理な(合格しない)進路先(就職希望)を希望する生徒に、ストレートに無理だと言ってしまったこと。「とにかくいろいろとやってごらん」とアドバイスすべきだった。無理は無理と言った上で。(大阪府・公立)

間違った情報を伝えてしまった

自分の思いこみで推薦基準を間違って伝えてしまい、生徒の進路に悪影響を与えかけたことがありました。今思い出してもヒヤッとします。正確にわからないことは、その場で一緒に確認することが必要だと思いました。(京都府・私立)

退学した生徒への心残り

卒業後の進路ではありませんが、進路変更という意味で、転校・退学していった生徒に対しては常に「もっと何かしてあげられなかったのか」と考えます。一方でその時々で全力を尽くしているつもりなので、「もっと気付いていれば」「もっと話を聴いてあげていれば」と思ってもキリがないと考えるようにしています。(東京都・私立)

進路指導とは言えないかもしれませんが、休みがちだった生徒から、退学の希望が出た際に、退学後の進路が明確でなければ、担任として了承することはできない旨を保護者・本人に伝えました。それに対して、母親の経営している店を手伝いながら、専門学校に通い資格を取るつもりであり、既に手続きも終えているとの回答をもらいました。「それならば」と退学を了承しましたが、非常に残念な結果に至ってしまいました。担任として、もう少し粘り強さがあっても良かったのではないかと思っています。(愛媛県・公立)