進路指導ケーススタディ

第5回 進路指導ケーススタディ先生 アンケートのお願い


進路に関する生徒のさまざまな悩みに、先生方はどのように対応されているのか。
ありがちなケースをもとに、正解の無い悩ましい状況に対し、先生方の対応方法をご紹介していきます。
こちらでは、先生方の回答を募集いたします。是非ご協力をお願いいたします。

2月発行号(Vol.421)のテーマ:志望校調査で、何も書かず提出した理系コースの生徒(2年生)との面談

<やりとり>
教師:志望校を何も書いていなかったけど、どうしたかな?
生徒:なんか、今一つ、ここに行きたいという学校や学部がなくて・・・。
教師:前は、○○大学の××学部を目指してみたいというような話をしていたよね。
生徒:う~ん、皆が結構そこを第一志望にしていたから、そんなもんかなと思っていたんだけど。
   親も、そこがいいよって言っていたし。
   だけど、最近思うんだけど、そもそも、数学とか物理とか、あんまり好きじゃないなあって・・・。


 

1.このようなケースで行う・行った最善の展開は、どのようなものでしょうか? 

2.逆に、最悪の展開は、どのような対応だと思いますか? ご自身の体験でも、他の先生の事例でも結構です。

3.2のような対応にならないためのポイントは、どんなことだと思いますか? 1と2の大きな違いは何でしょうか。


また今回のご回答以外にも、実際に先生がお困りになられた生徒さんのケースをお寄せいただければ幸いです。
こちらも自由にお書きください。

【応募方法】
下記必要事項をご記載の上、career@r.recruit.co.jp にメールをお送りください。
(1)お名前
(2)都道府県/勤務先学校名
(3)匿名希望/お名前掲載可(どちらかを削除してください)

メールタイトルには 「進路指導ケーススタディ アンケート回答」 とご記載ください。
※いただいたアンケートの内容は、誌面記事、もしくはWEBサイトに掲載させていただく場合がございます。
ご回答を誌面記事に掲載させていただいた方へは、図書カード2000円を贈呈いたします。

【個人情報の取り扱いについて】
今回いただいた回答は、キャリアガイダンス・キャリアガイダンス.netの制作に使用させていただきます。
個人情報は厳重な管理の下、ご本人の承諾なしには他目的(謝礼の発送を除く)に使用したり、
第三者(業務委託先を除く)へ開示することはございません。
リクルートのプライバシーポリシーはこちらからご確認ください。

【2月号ケーススタディへの回答期限】
 2017年12月17日(日)まで


皆様のご回答をお待ちしております!