専門学校トップインタビュー

学校法人 国際文化学園 平野 徹 理事長

高い技術と人間力を兼ね備えた
美容師、理容師を育成。


変化の激しい理美容業界で生き残れる人材を育てる  
 平成 10 年の理容師法・美容師法の改定で、国際文化理容美容専門学校も 2 年制になり、国家資格の取得に向けた授業以外に、卒業後に役立つカリキュラムを自由に作ることができるようになりました。
 そのころから少しずつカリキュラムの変更を行い、今では、朝から夕方までしっかり全員がフルタイムで授業を受けるスタイルが定着しました。一部ではそのスタイルを「厳しい」とする声もあるようですが、本学には意欲のある学生が多く、授業前や放課後の時間も使って自主的に技術と知識のブラッシュアップを図っています。
 以前の理美容業界なら、就職して現場に出てから育ててもらう側面がたくさんありましたが、変化の激しい現在では、そのような悠長なことを言ってはおられません。そこで本学では、卒業と同時に即戦力となり、長く通用する技術を身につけて、理美容業界で生き残れるような人材の育成に注力しています。
 本学の校是は「つくす心」です。「つくす心」とは、言い換えれば「ボランティアの精神」です。常に相手の立場に立って考え、行動すること。学びながら成長していく学生一人ひとりが、この心の在り方、大切さを実感し、自分自身の姿勢として大きく育てていってくれることを願っています。

きめ細やかな少人数クラス、なんでも相談できる担任制  
 本学では、毎日の授業でカット、メイク、ネイル、エステ、ウエディング、着付を全員が学びます。また、マナー、礼法、英会話、デッサン、写真撮影など、表現力を豊かにする選択科目も数多く用意しています。ときには、活躍するトップスタイリストやヘアデザイナー、ヘアカラーリスト、メイクアップアーティストなど、一般の美容師でも憧れる講師による特別授業を行い、最新の技術と情報を学べる機会を作っています。
 また、年間を通じて、学園祭、運動会、修学旅行などの学校行事のほか、コンテストや卒業記念発表会など技術発表の場も多く用意しています。学生たちは、楽しみながら学び、仲間意識を育て、切磋拓磨しながら、人としての魅力を高めていきます。
 本学の特色のひとつとして、クラス担任制があります。授業はクラス単位で行うので、わからないことはすぐに質問できる環境です。実習は十数名できめ細かく指導。学生一人ひとりに丁寧に対応します。モットーは、「理論はわかるまで、技術はできるまで」。就職活動に関するアドバイスも、学生の個性をよく知る担任が行っています。
 教員は誰もが学生とのコミュニケーションを惜しみません。授業時間はもちろん、授業時間外、担任であるかどうかにかかわらず、教室や廊下で、日常的に教員と学生が熱心に話しこむ姿を見ることができます。

THE BARBER との連携で理容室の復権を  
 国際文化理容美容専門学校には、理容科と美容科があります。美容科では、美容師免許取得を前提に、ヘアデザインの技術と理論から、メイク、ネイル、エステ、アップスタイル、ウエディング、着付まで、美容に関する内容のすべてを学びます。理容科では、理容師免許取得を前提に、ヘアカットやシェービングなどの専門技術から、実際のサロンニーズに応じたフェイシャルトリートメントやネイルケアなどの美容技術まで幅広く学びます。
 近年、若い男性も一般的に美容室を利用するようになったことや、少子化の影響などもあり、理容師の数も理容室の数も減少傾向にあります。理容科を卒業して理容師免許を取得しても、技術を磨きながら働く場所がないという問題があり、若い理容師を育てる場所がないのなら、自ら作ろう、未来に夢を抱ける理容室を作ろうと考え、理容室 THE BARBER を産学連携で運営しています。
 THE BARBER は現在、東京都内に 8 店舗、海外に1店舗があり、従業員の半分程度が本学の卒業生ですが、外部の人材も一緒に働いています。理容師には、優れたカット技術、シェービング技術、徹底したマッサージ技術があります。THE BARBER は通常営業の理容室ですが、若い理容師の育成の場でもあるため、当たり前のベーシックな技術にこだわっています。

切磋琢磨する仲間と一緒に理美容の道をあゆむ  
 IT 化が進む社会で、半分の職業が淘汰されると言われるなか、理美容の仕事は生き残るとされています。しかし、クリエイティブな能力を求められる理美容師と、AI が選択した髪型を整えるだけの理美容師に、大きく分かれていくのではないかとも感じています。
 高校生の皆さんは、進路選択において、特に手に職をつけるために専門学校を選ぶ場合は、覚悟が必要です。実力の世界で生きていく進路には、楽しいこともあるけれど、つらいこともあります。壁にぶつかったとき、自分自身で覚悟を決めて選択した進路でなければ、後悔することもあるでしょう。学校を選択する際も、真剣に選びましょう。複数の学校を自分の目でしっかり見て、比較検討して、納得するまで考えて、自分の意志で選んで進学しましょう。そして、進学したら、自分の限界を決めずに、高みを目指して頑張りましょう。
 国際文化理容美容専門学校の卒業生は、理容室や美容室に就職した後の定着率がとても 良いと言われています。学校で身につけた技術や知識を現場で自信をもって生かせるだけでなく、同級生が皆、理美容の世界で活躍しているからこそ、モチベーションを維持しながら頑張れるのではないでしょうか。流行や技術の情報交換をし、同級生が頑張っているから自分も頑張ろうという、卒業してからも続く仲間との切磋琢磨は、本校自慢の伝統です。


平野 徹氏


【Profile】

平野 徹(ひらの・とおる)氏
学校法人 国際文化学園 理事長

東京都渋谷区と国分寺市に国際文化理容美容専門学校を設立し、今年で創立 65 周年を迎え、校是である「つくす心」を通じて技術教育に専念している。
平成 14 年より学校法人国際文化学園理事長に就任、現在に至る。


【学校法人 国際文化学園 国際文化理容美容専門学校の情報(スタディサプリ進路)】

専門学校トップインタビューに戻る