キャリアガイダンス@メール

【No.367】教育トピック「教えて!『新時代に対応した高校改革』って?」

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 教員ライフ応援メールマガジン 

『キャリアガイダンス@メール』 No.367
  http://souken.shingakunet.com/career_g/
                            2019/2/27(水)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

--INDEX------------------------------------------------------------------------------

 1 教育トピック「教えて!『新時代に対応した高校改革』って?」
 2 【文部科学省】新学習指導要領ウェブサイトリニューアル、周知広報ツール公開
 3 マイプロジェクト2019年度パートナー(活動サポート対象団体)募集について
 4 高校教育改革に関する調査2018 「専門職大学編」リリース
 5 高校生の留学ドキュメンタリー映像を活用した特別授業「あなたは何に挑戦しますか?」
 6 教育関連イベント情報
 7 キャリアガイダンス編集長・編集顧問の講演スケジュール
 8 Facebookページのご案内
 9 三度の飯より本が好き。年間600冊読む横山北斗先生のおすすめ文庫 Vol.10
   (読者プレゼントあり!)
10 編集後記「理想のクラス?」(林)
------------------------------------------------------------------------------------------
某社Webニュースで「パソコン1台あたりの児童・生徒数」全国1位が佐賀県の1.8人/台という記事
がありました。調べてみると、全国平均は5.6人/台で、都道府県で差は大きいようです。
これらに限らず、全国さまざまな事情があるなかで、高校改革は待った無しで進んでいきます。
教育トピック、今回もご注目ください!(増田)

【1】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 教育トピック「教えて!『新時代に対応した高校改革』って?」
 【教育ジャーナリスト 渡辺敦司】
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
政府の教育再生実行会議が1月末にまとめた中間報告が、高校関係者に波紋を広げています。
普通科を類型化するなど「新時代に対応した高等学校改革」を打ち出したからです。
今後の高校教育はどうなるのでしょうか。

続きはコチラから → http://souken.shingakunet.com/career_g/2019/02/post-6fe5.html

【2】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 【文部科学省】新学習指導要領ウェブサイトリニューアル、周知広報ツールが公開されました
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 学校で学んだことが、子供たちの「生きる力」となって、明日に、そしてその先の人生につながっ
てほしい。これからの社会が、どんなに変化して予測困難な時代になっても、自ら課題を見付け、
自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。
(改訂に込められた思い、より。)

高等学校では2022年から始まる新しい学習指導要領、周知のためのウェブサイトがリニューアル
オープンしました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

周知広報ツールも併せて公開されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1413516.htm

【3】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 探究型学習・マイプロジェクト2019年度パートナー(活動サポート対象団体)募集について
 ※5/31(金)締め切り
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 身の回りの課題や関心をテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通して学ぶ
探究型学習プログラム、「マイプロジェクト」。
3月末に開催されるアワードは、そのような探究型学習・マイプロジェクトを実行した全国の
高校生が、書類選考や校内・地域の発表会、地域大会を経て、一堂に会しプロジェクト活動を
発表する、日本最大級の「学びの祭典」です。
詳細はコチラ → https://myprojects.jp/award

 マイプロジェクト事務局では、現在2019年度(来年度)のアワードに向けて、
探究型学習・マイプロジェクトに取り組むパートナー(高校・行政・団体)を募集しています。
登録することで、地域大会への出場権を得られる発表会までマイプロジェクト事務局のサポートが
得られ、探究型学習・マイプロジェクトを推進する全国の「パートナー」同士で学び合う
コミュニティにも参加可能になります。
詳細・登録はコチラ → https://myprojects.jp/award/award2019/partner/

【4】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 高校教育改革に関する調査2018 「専門職大学」編リリース
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、高校の教育改革に関する現状を明らかにするため、
全国の全日制高校に対して、高大接続改革、新しい学習指導要領、キャリア教育、進路指導、
学校改革に関する取り組みに対しての調査を実施いたしました。

「専門職大学」編
http://www.recruit-mp.co.jp/news/release/2019/0220_3674.html

※本調査は、『キャリアガイダンス』編集部とリクルート進学総研が隔年で実施している調査で
今回で第20回。これまでは「高校の進路指導・キャリア教育に関する調査」の名称で、高校現場の
実態を把握する調査として実施。第20回の今回は「高校教育改革」の視点から高校現場の実態を
把握することを目的としました。

調査全体へはこちらから
http://souken.shingakunet.com/research/2019/02/post-9b3b.html

【5】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 高校生の留学ドキュメンタリー映像を活用した特別授業「あなたは何に挑戦しますか?」
 …官民協働海外留学創出プロジェクト トビタテ!留学JAPAN
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 トビタテ!留学JAPANは、同世代の生徒が海外に向けて旅立つ挑戦をドキュメンタリー映像で見る
ことで、今、自分自身は何に挑戦できるのかを生徒が考える特別授業「あなたは何に挑戦しますか?」
を中学・高校の先生向けに作成。
 受け身になりがちな学校生活のなかでも、自ら一歩を踏み出すことで、変化が生まれていくことを
生徒自身に感じてもらう特別授業を紹介しています。

トビタテ!留学JAPANのウェブサイトで授業スライドや授業案が公開されています。
※詳細はこちら→ https://www.tobitate.mext.go.jp/hs/documentary/index.html

【6】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 教育関連イベント情報
  キャリア教育や進路指導に関する教育関連イベントをご紹介いたします。
  各大会、セミナーのお申し込みは、各団体へ直接お問い合わせ下さい。(敬称略)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆【愛知】地域が変わる。ミライを変える。教育Reformセッション“ENGINE” …アスクネット
https://engine.asknet.org/
 開催日:2019年3月3日(日)10:00~17:00
 会 場:名古屋市立大学桜山キャンパス
 内 容:基調講演・分科会
 登壇者:長田 徹(文部科学省初等中等教育局教科調査官)
     生重幸恵(特定非営利活動法人スクール・アドバイス・ネットワーク 理事長)
     辰野まどか(一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事)
     上井 靖(A-sessions代表 教育・学びコンサルタント)など
 参加費:無料(定員120名)
 申込み:Webサイトより

◆【東京】「探究学習をデザインする」FD・SDシンポジウム …成城大学教育イノベーションセンター
http://www.seijo.ac.jp/events/jtmo42000000oprg.html
 開催日:2019年3月16日(土)13:00~17:00
 会 場:成城大学3号館(世田谷区)
 内 容:基調講演、実践報告、パネルディスカッション
 登壇者:森朋子(関西大学教育推進部 教授)
     酒井淳平(立命館宇治中学校・高等学校 教諭
     中原健聡(札幌新陽高等学校 校長の右腕)
     青柳圭子(成城学園中学校高等学校 教諭)など
 参加費:無料(懇親会は有料)
 申込み:https://www.iqform.jp/seijouniv/pc/enquete/fdsd20190316/

◆【東京】ゆく年(度)くる年(度) 生徒のキャリアとリフレクションを考えるLabo …みくに出版
https://www.kokuchpro.com/event/ALC20190316/
 開催日:2019年3月16日(土)15:00~19:00
 会 場:みくに出版(東京都渋谷区)
 内 容:「キャリア(教育)」とは何か、生徒のモチベーションのあり方について考える。
     「リフレクション」とは何かを考え、生徒のメタ認知について考える。
 登壇者:皆川雅樹(産業能率大学経営学部准教授)
     米元洋次(合同会社Active Learners 共同代表)
 参加費:3000円
 申込み:Webサイトより

◆【東京】東京大学海洋教育フォーラム …東京大学教育学部附属中等教育学校
     対話と探究がつむぎだす海と人とのかかわりー答えなき問いに向きあうディープ・アクティブラーニング
https://rcme.oa.u-tokyo.ac.jp/news/1373
 開催日:2019年3月17日(日)13:00-16:30(開場:12:30)
 会場:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール
 内容:実践発表、パネルディスカッション
 参加費:無料(定員180名)※先着
 申込み:https://docs.google.com/forms/d/1VUCiuZs_P_4tdkMrnzClyem22VXGddaiIxy7PkHbZOs/viewform?edit_requested=true

◆【東京】シンポジウム「高大接続の将来像 -高大タッグで挑む、これからの人材育成-」
     …大阪大学高等教育・入試研究開発センター
https://chega.osaka-u.ac.jp/event/201902191556/
 開催日:2019年3月26日(火)13:00~18:00
 会 場:一橋大学 一橋講堂(東京都千代田区)
 内 容:基調講演・事例報告
 登壇者:溝上慎一(桐蔭学園 理事長代理・トランジションセンター所長・教授)
     Ms. Laura Harmon(北海道インターナショナルスクール 高等部 教諭)
     日紫喜 豊(科学技術振興機構 (JST) 理数学習推進部 調査役(能力伸長担当))
     杉山清寛(大阪大学全学教育推進機構 教授)
     彦田順也(愛媛大学附属高等学校 副校長) など
 対 象:大学・高校の高大接続担当者、大学入試関係者、高大接続に興味関心がある方等(先着150名)
 参加費:無料(3月17日〆)
 申込み:Webサイトより

◆【東京】高校教師のための春期英語教育セミナー
     高校生の未来を拓く英語教育Ⅵ  …日本英語教育研究会
https://www.jcfl.ac.jp/aboutus/img/teacher/application.pdf#search=%27
 開催日:2019年3月26日(火)10:00~17:00
 会 場:日本外国語専門学校 高田馬場新館
 内 容:基調講演・ワークショップ・授業デモンストレーション ほか
 登壇者:向後 秀明(敬愛大学 英語教育開発センター長・国際学部教授/前 文部科学省教科調査官)
     グレイ 雅美(沖縄県立小禄高等学校 教諭)など
 参加費:無料(定員150名)
 対象:高等学校教員
 申込み:FAX、お電話、メールにて


※告知を希望される公開授業・発表会・イベント情報がございましたら、
 編集部( career@r.recruit.co.jp ) までご連絡ください。
 ※すべてご紹介できる訳ではありませんので、予めご了承くださいませ。

【7】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 【更新】キャリアガイダンス編集長・編集顧問の講演スケジュール
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 今後の講演予定をお知らせしております。
  
  編集長:山下    http://souken.shingakunet.com/career_g/2019/01/post-1b18.html
  編集顧問:角田   http://souken.shingakunet.com/career_g/2016/10/20161012-0622.html

【8】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 リクルート進学総研Facebookのご案内
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『キャリアガイダンス』を発行するリクルート進学総研では、Facebookページを運用しています。
小誌の取材裏話や、カレッジマネジメント編集部からの大学最新情報、各種調査の速報など、、、
最近比較的積極的に発信しております^^

よろしければフォロー(いいね!)お願いいたします。
https://www.facebook.com/recruit.shingakusouken/

【9】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 三度の飯より本が好き。年間600冊読む横山北斗先生のおすすめ文庫 Vol.10
 ★読者プレゼントあり★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『オープニングマインド: 子どもの心をひらく授業』
(ピーター ジョンストン著/新評論)

 知識の量やその正確さばかりを追い求める授業ではなく、協働性や創造性、問題解決能力や
思考力を養うことができる授業を実現するためには何が必要なのか。
 豊富な学術的知見に基づく理論や、様々な場面における対話の事例とその読み解き方を通して、
言葉の選び方一つで教室に形作られる世界がいかに大きく変化しうるかを示してくれます。
 自分が日々用いている言葉を振り返るきっかけと、たくさんのヒントを提供してくれる、
素敵な本です。

<北斗's Eye>

 言葉は価値観から生まれると考え、主体性やチャレンジ精神の価値を子どもたちに伝える上で、
自分自身がそれを重視し実践することを心掛けていれば自ずと伝わるものと思っていましたが、
それだけではまだ足りないということに気付かされました。
 もちろん自分の行動が伝えたい姿勢と一致していないのは論外ですが、単に価値観を持つだけ
ではなく、それを伝えるための言葉の選び方一つひとつにまで気を配らないと、いかに容易に
自分が伝えたいものとは異なるメッセージが伝わってしまうかが学べます。
 能力や知能は生まれ持った固定的なものではなく、学習によって成長したり状況に応じて変化し
たりするものであると考える「ダイナミック・マインドセット」の観点や、他者を尊重し他者と対話
してより良い世界と未来を作っていく姿勢を伝えたい先生方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

Amazonはコチラ → https://amzn.to/2Hx9OPj

当該の書籍を2冊、読者プレゼントとさせていただきます。

ご希望の方は、件名に「書籍プレゼント希望」、
本文に【1】お名前【2】所属 【3】送付先住所 【4】連絡先をご記入の上、
「 career@r.recruit.co.jp 」宛までメールをお送りください。
(メール受付はメルマガ発行日の翌々日、3月1日までとさせていただきます)
申し込み順「3番」「6番」の方にプレゼントいたします★

恐縮ですが、当選された方のみのご連絡とさせていただきます。

【10】=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 編集後記「理想のクラス?」(林)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
日頃よりミュージカルが好きなのですが、先日はキャッツを劇場で見てきました。
ご存知の方も多いかもしれませんが、キャッツとは、「天上にのぼり、新しい人生を生きることを
許されるただ1匹の猫」に選ばれるために、集まった20数匹の猫たちが舞台狭しと踊り歌うという
ミュージカル作品。
ここでは、一人ひとり(一匹一匹?)がとても個性的で、年齢や姿かたちも多様です。そしてその
紹介を、全員がチームワークの良いダンスで行っていくことから、それらの個性をみんなが理解し、
受け入れていることが良くわかります。
好き嫌いではなく、自分が自分であるように、ほかの猫がそうあることもごく当たり前に受け入れ、
尊重する。そして最後の「1匹を選ぶ」時には、全員が自分の意思である猫に触りに行き、自然と
合意形成がなされます。
感動しながらも、ああ、学校のクラスもこんな風だとよいのかもしれない…と(職業病?)
誇り高い猫たちに、教えられた気分でした。「キャッツ」、色々な見方ができるミュージカルです。
純粋にエンターテイメントとしても楽しめるので、ご興味あればぜひ。(林)

-----------------------------------------------------------------------
 次回『キャリアガイダンス@メール』は2019/3/13(水)配信予定です。
-----------------------------------------------------------------------
メールマガジンについて

▼お問い合わせ窓口
 こちらからメールマガジンのご感想・ご意見をお寄せください。
 http://souken.shingakunet.com/souken/faq.html

▼本メールマガジンの著作権は株式会社リクルートに帰属しますが、
 お知り合いの方への転送、また授業や学級通信など学校における指導や配布物での
 各コンテンツの活用は自由です。
  
▼配信を希望される方はこちらから
 https://rec.fofa.jp/souken/a.p/152/

▼配信先アドレスのご変更・配信停止について
 現在の登録アドレスから以下のアドレス宛てに空メールをお送りください。
 折り返し、情報変更フォームURLとアドレス変更手順が記載されたメールが届きますので、
 手順に従ってアドレス変更/配信停止の手続きをお願いいたします。

 (アドレス変更・配信停止手続用 空メール送信先)
  souken.152mlg@rec.fofa.jp

  ※上記、空メールを送信しても情報変更フォームURLが受信されない場合は
   編集部( career@r.recruit.co.jp ) にご連絡ください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   編 集 長   : 山下真司
   編  集   : 増田 円
   制  作   : 林 知里/沖崎 茜/高尾優希/阿部優維
            http://souken.shingakunet.com/career_g/
   編  集   : 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
            http://www.recruit-mp.co.jp/
発  行   : 株式会社リクルート
            http://recruit.co.jp