キャリアガイダンス vol.427 2019.5 NEW

生徒の「決められない」をどうする?

なぜ決められない? 学校・教師は何ができる?/実社会はチャレンジの連続 「決める」の概念も変化している/なぜ自己決定は重要か?/自分で決める、他者と決めて実践する。そのプロセスを学ぶ場が「特別活動」/【実践事例レポート】生徒の資質・能力を育む「特別活動」/【管理職の視点】これからの学校づくりは特別活動が基盤に/自己決定の連続が人格をつくる

編集長が語る 特集の見どころ

 今、未来社会を不安視する言葉が溢れています。一例を挙げるまでもなく、産業構造や生活風景が 一変していくことは想像に難くありません。未来は予測できない…と言われますが、本当なのでしょうか。予測することでなく、未来を創造していく主体を育んでいくことが求められているのだと思います。自らに問いかけて判断すること、多様な考えや価値観に触れ、他者と意見をすり合わせながら実践&チャレンジしていくこと。たとえうまく行かなかったとしても、他責にせず 、振り返りながら次につなげていくこと。それは今日の社会においても同様ではないでしょうか。生きて働くことは、意思決定と合意形成の連続。しかしながら、世界情勢や身近な社会課題に目を向けると、決して容易なことではない、そんな現実を目の当たりにします。
 では、学校現場ではどのような取組 が求められるのでしょうか?

文化祭におけるクラス企画の決定、修学旅行の自由行動の過ごし方、文理選択や科目選択、そして進路選択など。個人の意思決定や集団活動を通じた合意形成を求められる場面は少なくありません。一方で、進路指導の場面において、生徒の「進路選択・決定能力の不足」という課題が浮き彫りになっています。生徒自身の問題の他にも、さまざまな要因が考えられるのではないでしょうか。
 変化の激しいこれからの社会を生き抜いていく生徒だからこそ、「人間関係形成」「社会参画」「自己実現」の3つの視点を掲げ、なすことによって学ぶ「特別活動」が要となり、これからのキャリアの基盤になってくると思います。新年度より先行実施が始まった特別活動の取組 について、本特集が考える機会になれば幸いです。
                         山下 真司(本誌 編集長)



■特集■

生徒の「決められない」をどうする?

【座談会】
なぜ決められない? 学校・教師は何ができる?

黒瀬直美 広島観音高校(広島・県立)
杉山比呂之 専修大学附属高校(東京・私立)
林 格 高知追手前高校(高知・県立)
宮永 厚 成田高校(千葉・私立)

実社会はチャレンジの連続
「決める」の概念も変化している

兼清俊光(株式会社ヒューマンバリュー 代表取締役社長)

水谷香織(パブリック・ハーツ株式会社 代表取締役)

なぜ自己決定は重要か?
-日本人の幸福度調査から得られる示唆-

西村和雄(神戸大学 特命教授)
八木 匡(同志社大学 経済学部 教授)

自分で決める、他者と決めて実践する。
そのプロセスを学ぶ場が「特別活動」

藤田晃之(筑波大学 人間系 教授)

【実践事例レポート】
生徒の資質・能力を育む「特別活動」

①田川高校(長野・県立)

②大東学園高校(東京・私立)

③鞍手高校(福岡・県立)

【管理職の視点】
これからの学校づくりは特別活動が基盤に

池田靖章(香里ヌヴェール学院中学校・高校 校長)

自己決定の連続が人格をつくる

須藤 稔(國學院大學栃木短期大学 特任教授)




ご意見やご感想をお聞かせく
ださい