キャリアガイダンス vol.431 2020.2 NEW

地域を巻き込み社会とつながる学びへ

開かれた学びを起点に進路を拓いた卒業生4人のストーリー/【座談会】「 なぜ開く?」「どう開く?」高校が地域社会と連携・協働する意義/【実践事例レポート】 地域と共に生徒を育てる学校/「評価」を活かした目的設定と学習環境づくりの提案/地域と共に生徒の学びを“社会”と“将来”につなぐこれからの学校づくり/【調査報告】教育改革激動の渦中で親子コミュニケーションと高校に求められることは変化しているか

編集長が語る 特集の見どころ

 「なぜ勉強しなければいけないのか」について、保護者と話し合ったことがある高校生は、いったいどのくらいいるのでしょうか? 最新の調査※では2割に満たない、そんな結果が浮き彫りになりました。一方で、私たちは社会で働く経験を積んでいくなかで「もっと勉強しておけば良かった」と省みたことが、幾度となくあると思います。直面する状況を乗り越えるために、時に我武者羅に、時に楽しみながら、実社会の文脈の中で私たちは学んでいます。
 今、全国各地の学校で自ら問いをもって学ぶ探究学習が意欲的に取り組まれています。しかしながら、地域の課題を見つけるために生徒を送り出したり、地域とつながることが目的化したりするケースもなかには見受けられます。「社会に開かれた教育課程」と叫ばれている今、なぜ、何のために、学びを社会に開く必要があるのでしょうか?
 新学習指導要領の前文に「どのような資質・能力を身に付けられるようにするのかを教育課程において明確にしながら、社会との連携及び協働によりその実現を図っていくという、社会に開かれた教育課程の実現が重要」と謳われています。変化の激しさが増す実社会と教室との温度差は、私たちが感じている以上に拡がっているのかもしれません。加えて、学年が進むにつれて徐々に社会から切り離されてきた学びに戸惑う生徒たちも。多様な価値観の人々と接し、社会と有機的につながる「リアルな学び」でこそ、一人ひとりの生徒が学ぶ理由や楽しさを、より自分ごと化できるのではないでしょうか。

 「学校は地域に浮かぶ船」という言葉があります。地域とのつながりとは、人とのつながり。学校と地域社会が目的を共有し、各々の役割に自覚的に取り組んでいくことで、未来社会を担う生徒たちの学びの可能性は拡がっていくのだと思います。皆さんの学校では、学びを社会に開いていますか?
                         山下 真司(本誌 編集長)

■特集■

地域を巻き込み社会とつながる学びへ

開かれた学びを起点に進路を拓いた 卒業生4人のストーリー

【座談会】「なぜ開く?」「どう開く?」
高校が地域社会と連携・協働する意義

内堀繁利
(長野県教育委員会事務局 高校改革推進参与)
岡崎エミ
(東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科長)
佐々木 宏
(東京都立日野台高校 指導教諭)
ファシリテーター 中村怜詞
(島根大学教職大学院 准教授)

学ぶ意義を生徒が実感できるために
社会とつながる「リアルな学び」へ

中村怜詞
(島根大学教職大学院 准教授)

【実践事例レポート】
地域と共に生徒を育てる学校

①山北高校(神奈川・県立)

②浦和南高校(埼玉・市立)

③榛原高校(静岡・県立)

④名古屋国際中学校・高校(愛知・私立)

ダウンロード可SDGsを軸にした教科連携カレンダー

⑤飯田OIDE長姫高校(長野・県立)

「評価」を活かした目的設定と
学習環境づくりの提案

喜多下 悠貴
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)

地域と共に生徒の学びを“社会”と“将来”につなぐ
(これからの学校づくり

浦崎太郎(大正大学地域構想研究所 教授)

教育改革激動の渦中で
親子コミュニケーションと
高校に求められることは変化しているか

高校生と保護者の進路に関する意識調査2019

ご意見やご感想をお聞かせく
ださい