教育トピック

教えて!「高等学校基礎学力テストのゆくえ」

高大接続改革の一環として検討されている二つの新テストのうち、基礎的な知識・技能を中心に測る「高等学校基礎学力テスト」(仮称)の具体案が、17日に開かれた有識者会議に示されました。2014年12月の中央...

教えて!「センター試験って何だったの?」

2016年度の大学入試センター試験は今月16~17日、大きな混乱もなく行われました。現在、センター試験を廃止して、2020年度から高校在学中に複数回受けられる「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)を...

教えて!「見えてきた?新テストの試験問題」

高校教育・大学教育・大学入学者選抜を一体で見直す「高大接続改革」の有識者会議が、大学入試センター試験の後継となる「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)の記述式問題イメージ例を公表しました。新テストの...

教えて!「どうなる国立大学の推薦・AO入試」

国立大学協会が9月にまとめた「国立大学の将来ビジョンに関するアクションプラン」に対する注目が高まっています。その中で、2021年度までに「推薦入試、AO入試、国際バカロレア(IB)入試等」を、入学定員...

教えて!「日本の高校生の社会意識」

次期学習指導要領の改訂内容を具体的に話し合う中教審の専門部会が順次スタートしています。今回の改訂では、高校教育の改革が大きな焦点の一つです。一方で来夏からは18歳となる高校生に選挙権が与えられ、社会参...

教えて!「二つの新テストの今後」

高大接続システム改革会議の「中間まとめ」が9月15日、正式に公表されました。座長一任を取り付けた同会議の前回会合(8月27日)から半月余りを経ても、大筋は変わっていません。改革の目玉である二つの新テス...

教えて!「高校の新科目」

次期学習指導要領をめぐって、改訂の基本方針となる「論点整理」案が8月20日の中央教育審議会の教育課程企画特別部会でまとまり、26日の教育課程部会で正式に決定します。高校の教科・科目については、具体的に...

教えて!「教科を超えるカリキュラム・マネジメントって?」

次期学習指導要領の基本方針を集中的に検討する中央教育審議会の特別部会が、「論点整理」に向けて大詰めを迎えています。各学校種別や教科・領域等の専門部会が発足するのは秋以降ですが、今回の改訂に限っては、こ...

教えて!「大学のゆくえ」

L(ローカル)型・G(グローバル)型大学と専門職業大学、国立大学人文社会系学部の縮小…。昨年末から、大学をめぐるニュースが尽きません。大学入試をはじめとした「高大接続改革」と併せて、高校の先生方もやき...

教えて!「なぜ教員の『国家資格化』か」

教育再生実行本部が教師の「国家免許」化を提言したことが話題を集めました。教員免許といえば、これまで大学が所在する都道府教育委員会から授与されてきました。 本当に国家資格になるのでしょうか。そもそも、な...

教えて!「これからの進学マネー」

アベノミクスによる景気回復の実感がなかなか全国津々浦々に行き渡らない中、新たな経済格差と、それに伴った教育格差の懸念が広がっています。政府も昨年来、子どもの貧困対策に乗り出していますが、「貧困の連鎖」...

教えて!「これからの教員養成・採用・研修」

「チーム学校」という言葉が、教育改革をめぐるキーワードとして浮上しています。下村博文文部科学相の諮問(昨年7月)を受けて中央教育審議会が作業部会を設け、教員以外の専門的スタッフの配置を念頭に置いた検討...

教えて!「大学の『個別』入試はどうなる?」

大学入試改革をめぐって、文部科学省は2020年度から大学入試センター試験を廃止し、年複数回実施で思考力・判断力・表現力などを問う「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)を創設することにしています。しか...

教えて!「次期指導要領のなかみ」

昨年11月に諮問が行われた学習指導要領の全面改訂について、前回は「アクティブ・ラーニング」(AL)に着目しました。その他のなかみはどうなるのでしょうか。英語教育と並んで高校の科目見直しが柱だ、とも指摘...

教えて!「アクティブ・ラーニングは広がるか」

下村博文文部科学相は中央教育審議会に行った学習指導要領の全面改訂を求める諮問の中で、「アクティブ・ラーニング」(課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習、以下AL)の充実を提言しています。AL...

教えて!「いつからどんな? 二つの新たな学力テスト」

高大接続の在り方を検討してきた中央教育審議会の答申が、いよいよ12月中にまとまる予定です。2019年度と20年度に相次いで二つの新テストがスタートするスケジュールも既に示されています。新テスト時代の大...

教えて!「日本の大学のグローバル化」

社会・経済のグローバル化に伴い、大学でもグローバル人材を育成しようとする動きが急速に高まっています。現状はどうなっているのでしょうか。また、高校はどのように対応すればいいのでしょうか。  英国の高等教...

教えて!「日本の高校生の科学への関心」

若者の理数系離れが心配されています。国立青少年教育振興機構はこのほど、「高校生の科学等に関する意識調査報告書」をまとめました。かつて財団法人日本青少年研究所(財団としては2013年8月末で解散、研究所...

教えて!「日本の若者の自尊感情」

日本の若者は、自尊感情が低いとよく指摘されています。下村博文文部科学相は、高校生の自己肯定感が低いことを「我が国の危機的状況」の一つに挙げているくらいです。そうした自尊感情の低さは、何によっているので...

教えて!「日本の教員は世界と比べて…」

日本が初参加した経済協力開発機構(OECD)の第2回「国際教員指導環境調査」(TALIS)の結果が発表されました。勤務時間が世界一長いことや、女性の進出が遅れていることなどが注目されましたが、それだけ...