高校生のWEB利用状況の実態把握調査

スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される新しいWEBサービスの利用状況を把握することを通じて学生募集戦略の参考データを得るために、全国の高校生を対象に調査を行っています。
高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2014

高校生のスマートフォン所有率82.2%、3年間で5.5倍に!
約6割がスマホで勉強=「スマ勉」がトレンドに

■スマートフォン所有率は82.2%、3年間で5.5倍に。

  • 82.2%の高校生がスマートフォンを所有しています。
  • 所有率は2011年調査の5.5倍(2011年14.9%→2012年39.0%→2013年55.0%→2014年82.2%)となり、大多数の高校生がスマートフォンを所有する結果となりました。

■高校生の約6割がスマートフォンで勉強=「スマ勉」を実施。

  • スマートフォンの利用目的として「アプリの利用」「調べもの・情報収集」「コミュニティサイトへの参加」「動画を見る」「メール」が8割を超えており、幅広い使われ方をしています。
  • スマートフォンで勉強をしている高校生も約6割に上り、「他エンタメ系(ゲーム・占いなど)」の利用を上回りました。

■92.6%の高校生がアプリを利用しており、前回調査(2013年)の2.6倍に増加。

  • スマートフォンでのアプリの利用率は92.6%。前回調査(2013年)の2.6倍(2013年35.5%→2014年92.6%)となりました。
  • アプリのインストール数は平均32.2個。前回調査(2013年)の27.1個より増加しました。
  • よく利用するアプリランキングでは、SNSの1位は「Twitter」2位は「LINE」3位は「Facebook」となりました。

■スマートフォンを1日4時間以上利用している高校生は7人に1人。2011年調査から増加しています。

ニュース・リリース資料はこちら

調査概要
調査名
高校生のWEB利用状況の実態把握調査
調査目的
スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される新しいWEBサービスの利用状況を把握する
調査期間
2014年4月4日(金)~4月8日(火)
調査方法
インターネット調査
集計対象数
1,438人

Archives過去の調査結果

高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2013

高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2012

高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2011