データから見える!進学マーケットの「今」(所長 小林浩の見解)

【高校のキャリア教育・進路指導に関する調査2014】生徒が持っている能力は「チームワーク」、不足しているのは、、、。

リクルートでは2002年から隔年で、高校生の進路選択に大きな影響力を持つ、高校の進路指導教員の悩みやキャリア教育の現状について調査している。今回の調査結果では、主体的・能動的な学習を引き出すための高校における授業改革の現状を調査するともに、社会人基礎力で定義される生徒の能力について高校教員と高校生との認識の違いが明らかになった。


1)約半数(47%)の高校が一方向ではない、アクティブラーニング型の授業を導入。しかし、その過半数は教員個人での取り組みであり、学校全体での取り組みは1割弱(8.7%)に留まっている。意識の高い先生が牽引役となっていることがわかる。(図表1)


アクティブラーニングとは、「学生が主体性を持って多様な人々と協力して問題を発見し解を見いだしていく能動的学修」と定義される。昨年12月に発表された中央教育審議会答申「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」においても、生徒の主体的な学びを引き出すための授業改革として、アクティブラーニングの導入が提言されている。


今回の調査では、約半数(47%)の高校で、既にアクティブラーニング型などの一方向ではない授業を導入していることが明らかになった。しかし、詳細を見ると、導入校の過半数(全体の26.4%)は「教員個人」での取り組みであり、学校全体での取り組みは1割弱(8.7%)にとどまっている。

現状では、意識の高い教員がアクティブラーニング型の授業改革を牽引していることがわかる。学校全体での取り組みに広げるためには、授業の進め方や成果の共有、評価方法などの支援が必要になると考えられる。


2)高校教員が考える生徒が持っている能力は「チームワーク」、不足しているのは「前に踏み出す力」と「考え抜く力」。高校生調査の結果とほぼ一致する結果に。(表2)


経産省が定義する『社会人基礎力』の項目に合わせて、「これから必要とされる力」と「現在持っている能力」を聞き、その差を見た。持っている力が必要とされる力を上回ったのは、「チームで働く力(チームワーク)」に関する項目であった。一方、必要とされているが持っていない力は「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」に関する項目であった。

高校教員からみると、規律を重視し、他人との意見は良く聞くものの、主体的に、課題を発見し行動する実行力に欠ける、そのように生徒の能力を分析していることが分かった。「高校生価値意識調査2014」で高校生に聞いた調査結果とほぼ同じ傾向となった。
※差とは「これから必要とされる力」-「現在持っている能力」としている。

「高校の進路指導・キャリア教育に関する調査2014」の調査結果はこちら