データから見える!進学マーケットの「今」(所長 小林浩の見解)

【高校教員調査2016】高校の進路指導の困難の要因、TOPは?

リクルートでは2002年から隔年で、高校生の進路選択に大きな影響力を持つ、高校の進路指導教員の悩みやキャリア教育の現状について調査している。

<POINT>

1)高校進路指導教員の9割が、進路指導が難しい

高校の進路指導教員に進路指導の難易度を聞いたところ、9割超が難しいと回答。経年でみても、高止まりしていることがわかります。

2)困難の要因上位は「入試の多様化」がトップとなり、「教員が進路指導を行うための時間の不足」が続いている

進路指導が困難な理由について、最も大きな要因を3つを選んだもらったところ、「入試の多様化」がトップ。つづいて、「教員が進路指導を行うための時間の不足」となっています。

リーマンショックや東日本大震災後の2012年調査と比較すると、「家計・家族環境の悪化:家計面について」が減少し、「入試の多様化」「教員が進路指導を行う時間の不足」が上昇しています。

景気が回復基調に向かう一方、多様な入試に対し、生徒一人ひとりに対応する指導に加え、学校の現場では、教育改革の流れを受けた新しい取り組みなども加わっています。そのことが、現場の先生方の“時間不足”の要因につながっていると考えられそうです。

3)大学・短大などに期待することの上位は、「入試の種類の抑制」「わかりやすい学部・学科名称」で変わらず、「講義・研究に触れる機会の増加」が上昇

高大接続・連携について大学・短期大学・文部科学省に期待することは、前回調査同様、1位が「入試の種類の抑制」、「わかりやすい学部・学科名称」が上位となっています。現在、学部名称は700以上存在し、そのうちの約6割が「うちの大学だけの唯一名称」と言われています。学部・学科名称から学ぶ中身がわからない、しかし偏差値だけで大学を選ぶのではなく、一人ひとりの適性や興味・関心に合わせた進路指導を行いたい。だからこそ、大学の中身である「実際の講義・研究に触れる機会の増加」が上昇しているように思います。

高校の進路指導・キャリア教育に関する調査2016の調査結果はこちら