About進学総研について

「学びたい」「学んでよかった」が
もっと増えていく世界を目指し、
社会・高等教育機関・高校を繋ぐ。

リクルート進学総研は、
「スタディサプリ学習」「スタディサプリ進路」を展開する
株式会社リクルートマーケティングパートナーズにおける、高校生や高等教育の調査研究機関です。
進学~高等教育~就職(キャリア)までを視野に入れ、マーケット全体の動向を発信しています。

メディア掲載実績

高等教育機関、高校生、
進路選択に関する
各種調査の実施や
社外に向けての情報発信

高校生と、彼らに大きな影響を与える保護者、高校教員の調査、また、大学や専門学校など高等教育機関の教育について調査を実施。エビデンスベースで、マーケットの「いま」と「これから」を分析し、社会に発信しています。

就職領域では、研究機関である「ワークス研究所」「就職みらい研究所」と協働。保護者の調査では全国高等学校PTA連合会と協働するなど、エビデンスを活用して新たな教育の在り方を提言していきます。

高校の先生対象の
進路指導・キャリア教育の専門誌
『キャリアガイダンス』シリーズの発行

進路担当教員・校長・教頭・副校長、クラス担任、保護者に向け、進路指導・キャリア教育に役立つ情報をお届けしています。
社会環境・高等教育の最新動向・キャリアに関する最新理論や全国の高校の先進事例を紹介。高校と連携して、社会で必要な力をはぐくむ授業を開発するなど、外部連携・実践も積極的に実施しています。

全国の大学、短大、専門学校など、
高等教育の専門誌
『カレッジマネジメント』の発行

全国の大学、短大、専門学校など、高等教育機関の経営層向けにリクルートが発行している高等教育の専門誌です。リクルートが行う調査データ、国内外の先進事例、人材市場、専門家の解説などにより、「大学経営のサポート誌」としてタイムリーなテーマを発信。学長対象の調査も実施するなど、マーケット全体の動向を発信しています。

Profile所長・編集長プロフィール

リクルート進学総研所長・カレッジマネジメント編集長

小林 浩

Hiroshi Kobayashi

リクルート進学総研所長・カレッジマネジメント編集長

小林 浩

Hiroshi Kobayashi

1964年生まれ 株式会社リクルート入社後、グループ統括業務を担当、「ケイコとマナブ」企画業務を経て、大学・専門学校の学生募集広報などを担当。経済同友会に出向し、教育政策提言の策定にかかわる。その後、経営企画室、会長秘書、特別顧問政策秘書などを経て2007年より現職。 文部科学省「熟議に基づく政策形成の在り方に関する懇談会」委員(2009年~2011年)、文部科学省「大学ポートレート(仮称)準備委員会」委員(2012年~2014年)、文部科学省中央教育審議会高大接続特別部会臨時委員(2012年~2014年)、文部科学省中央教育審議会大学分科会大学教育部会短期大学ワーキンググループ臨時委員(2013年~2014年)、文部科学省専修学校生への経済的支援の在り方に関する検討会委員(2014年~)、文部科学省高大接続システム改革会議委員(2015年~2016年)、文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会専門委員(2016年~2017年)、文部科学省「これからの専修学校教育の振興のあり方検討会議」委員(2016年~2017年)。
(公財)大学基準協会 広報委員、大学評価委員
(公財)日本高等教育評価機構 大学評価委員

取材・講演テーマ例

  • 大学をめぐる政策動向全般
  • 高大接続の最新動向
  • 高校生の進路や将来についての価値観
  • 大学のブランド力
  • 高校生、保護者、高等教育機関についての各種データ
  • マーケット動向や事例など、高校生~大学経営~就職まで教育に関わる内容について

キャリアガイダンス編集長

山下 真司

Shinji Yamashita

キャリアガイダンス編集長

山下 真司

Shinji Yamashita

1967年 生まれ 1990年(株)リクルート入社。『就職ジャーナル』編集企画、「リクルートナビ(現・リクナビ)」編集長、人材採用ソリューション営業、「リクルート進学ネット(現・リクナビ進学)」ならび「リクルート進学ブック(現・リクナビ進学ブック)」編集長、メディアプロデュース部部長、事業企画室長、進路サポート部部長などを経て、2013年10月より現職。沖縄県教育委員会 「平成28年度 キャリア教育支援事業」評価検証委員 立命館宇治中学・高等学校 「2014年度/2015年度 CSL推進委員」委員会」委員(2012年~2014年)。

取材・講演テーマ例

「高大接続改革を見据えた 新たな学びの展望」
「20年後の社会を生き抜く力を育むために今、求められる教育とは?~知識・技能の「習得」 から 「活用」「探究」へ~」
「新しい時代に向けて なぜ、授業改善が求められるのか?~主体的・能動的学びへの転換~」
「学ぶ意欲を考える」 ワークショップ」立命館宇治高校 酒井淳平先生とのコラボ授業など 詳細はこちら