高校教育改革に関する調査

高校の「教育改革の実態」を明らかにすため、全国の全日制高校を対象に、高大接続改革、新しい学習指導要領、キャリア教育、進路指導、学校改革などに関する調査を実施しています。

高校教育改革に関する調査2018「アクティブラーニング型授業」編

9割以上の高校が『アクティブラーニング型授業』を導入
「学校全体で導入している」高校が、2014年の3倍以上に増加
約半数の高校が「生徒の学びに向かう姿勢・意欲が向上した」と回答

■「アクティブラーニング型授業」の 導入状況

90.4%の高校が「アクティブラーニング型授業」を導入
  • 2014年47.1%→2016年92.9%→2018年90.4%
  • 2016年以降の導入率は9割以上をキープ
「学校全体で導入している高校」が、2014年の3倍以上に増加
  • 2014年8.7%→2018年29.3%
「教員個人単位での取り組み」は、前回より10.4ポイント減少
  • 2016年51.1%→2018年40.7%

■「アクティブラーニング型授業」の 取り組みによる変化

変化のトップは「学びに向かう姿勢・意欲が向上した(49.1%)」
  • 1位:学びに向かう姿勢・意欲が向上した(49.1%)
  • 2位:教員の授業観が変わった(41.5%)
  • 3位:主体性・多様性・協働性が向上した(37.9%)

■「アクティブラーニング型授業」の 課題や改善点

半数以上の教員が「教員の指導スキルの向上(58.6%)」と「教材開発や授業準備の時間確保(54.9%)」が課題と回答
  • 1位:教員の指導スキルの向上(58.6%)
  • 2位:教材開発や授業準備の時間確保(54.9%)
  • 3位:評価手法の確立(46.6%)

高校教育改革に関する調査2018「高大接続改革」編

高校教員が『大学・短期大学に期待すること』のトップは「わかりやすい入学者受け入れ方針(43.8%)」
9割以上が大学の『入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)』を認知
「進路指導での活用」も半数を超える

■高大接続・連携の観点から大学・短大などに期待すること

  • 1位:わかりやすい入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)(43.8%)
  • 2位:寮や奨学金、授業料免除の充実(42.1%)
  • 3位:調査書等の電子化(39.8%)

■「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)」の認知と活用

高校教員の91.1%が「認知」している
認知者のうち「進路指導での活用」は57.0%

■2020年度からセンター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」の対策

「大学入学共通テスト」対策を実施・検討している学校は93.8%
  • 1位:アクティブラーニング型授業を増やす(64.6%)
  • 2位:英語の外部試験の受験を促進(59.3%)
  • 3位:理解・浸透・意識改革などの教員研修の実施(53.5%)

■各大学の「個別選抜」改革において気になること

  • 1位:英語の4技能評価の導入(66.7%)
  • 2位:主体性等評価の導入(57.0%)
  • 3位:総合型選抜・学校推薦型選抜での学力評価の必須化(48.3%)

高校教育改革に関する調査2018「専門職大学」編

2019年度より新設される『専門職大学』を91.9%の高校が認知
「名称、内容まで知っている」は41.6%で2014年の約2倍に増加
「社会ニーズに対応した人材育成(35.5%)」に期待するも、現状は「専門学校との違いがわからない(42.7%)」

■「専門職大学」の認知

「専門職大学」を91.9%の高校が認知

2016年64.6%→2018年91.9%

「名称、内容まで知っている」が2014年の約2倍に増加

2016年20.9%→2018年41.6%

■「専門職大学」への期待

  • 1位:社会ニーズに対応した人材育成(35.5%)
  • 2位:実践的な教育内容(32.8%)
  • 3位:現在の大学・専門学校ではできない教育(24.4%)

■「専門職大学」の懸念点

  • 1位:現状の専門学校との違いがわからない(42.7%)
  • 2位:企業のニーズが不明である(36.1%)
  • 3位:取得学位が社会的に受け入れられるのかわからない(32.3%)

調査全体の報告書はこちら

調査概要
調査項目
高校生のための学びの基礎診断について/大学入学共通テストについて/各大学の個別選抜について/調査書の改訂について/生徒に育みたい資質・能力の策定・見直しについて/カリキュラム・マネジメントの課題/総合的な学習の時間の取り組みについて/アクティブ・ラーニングについて/ポートフォリオについて/キャリア教育の取り組みについて/社会人基礎力/進路指導上の課題/学校改革の取り組み/高大接続・連携への期待/高専接続・連携への期待/専門職大学について
調査時期
2018年10月
調査方法
郵送調査。校長宛に調査票を送付
調査対象
全国の全日制高校

※本調査は、2016年(第19回)までは高校の進路指導やキャリア教育の実態を明らかにするため
「高校の進路指導・キャリア教育に関する調査」として実施

「高校の進路指導・キャリア教育に関する調査(2008年〜2016年)」はこちら