進学総研リサーチレポート

【学部学科トレンド2012】大都市圏の学科のライフ・サイクル分析【関西版・後編】

大都市圏の学科のライフ・サイクル分析【関西版・前編】 を読む

7 社会・マスコミ系統(図表3-7、3-7a)

 社会学(図表3-7)は、2000年まで衰退期、撤退期だったが、その後成長期となった。しかし、2008年に再び撤退期に転じた。観光学(図表3-7a)は、2004年まで成長期を継続していたが、衰退期に転じ志願倍率5倍を下回り2008年には撤退期となった。情報学(図表3-7a)は、非公表期間が長いが、成長期となっている。コミュニケーション学(図表3-7a)は、志願倍率5倍以下で成長、衰退を継続していたが、2008年に再成長予兆期に転じ、志願倍率5倍を超えた。マスコミ学(図表3-7a)は、2000年の志願者をピークにその後志願者を減じており、2008年に撤退期に転じた。メディア学(図表3-7a)は、2004年から再成長予兆期に入り志願倍率を高めたが、2008年に衰退期に転じた。
図表3-7
図表3-7a

8 人間・心理・教育・福祉系統(図表3-8)

 哲学・宗教学は、1992年から衰退期を継続し2000年に撤退期に入ったが、2004年から安定した。心理学は、1996年に成熟期に転じ、2004年に衰退期に入ったものの2008年に成長期に転じた。人間科学は、成長期、成熟期を経て2000年に衰退期に入り、2004年に撤退期に転じた。教育学は、2000年まで撤退期が継続していたが、再成長予兆期に転じ、2004年に衰退期に転じ、2008年には再度成長期に転じている。保育・児童学は、2000年以降成長期、衰退期、成長期と転じながら成長している。福祉学は、2004年まで成長期、成熟期を継続していたが、一転撤退期となり志願倍率5倍を下回った。
図表3-8

9 地球・環境・エネルギー系統(図表3-9)

 地球・宇宙学は、1992年から成長期が継続していたが、2000年を機に撤退期に転じている。環境科学は、成長期を継続していたが、2008年から成熟期となっている。エネルギー・資源工学、原子力工学は、2008年以降本調査の該当学科がなくなった。
図表3-9

10 国際・語学系統(図表3-10)

 国際関係学は、2000年に撤退期から再成長予兆期に転じ2004年に成長期に転じたが、2008年に撤退期に転じている。国際文化学は、1996年まで成長期だったが衰退期に転じ2004年から撤退期が継続している。語学(外国学)は、ライフ・サイクルを逆走しており、2000年まで撤退期だったが、成長期に転じ、2008年からさらに成長度が高まった。語学(日本語)は、一貫して衰退期が継続。
図表3-10

11 スポーツ・健康・医療系統(図表3-11、3-11a、3-11b)

 医学(専門課程)(図表3-11)は、大幅な変化がなかったものの、2008以降募集定員の増加とともに大幅に志願者が増加し成長期となった。薬学(図表3-11)は、2000年まで大幅に成長期となった後、撤退期に転じたものの2004年以降衰退期から成長期となり募集定員が増加している。看護学、医療技術学(ともに図表3-11)は、2000年以降成長期が加速している。スポーツ学(図表3-11a)は、2004年以降大幅に撤退期となっている。保健衛生学(図表3-11a)は、1992年から成長期となっていたが2000年から衰退期となり2008年には撤退期に転じた。リハビリテーション学(図表3-11a)は、2004年以降急激に成長期となっている。健康科学(図表3-11b)は、2004年に大きく志願者を集めたものの衰退期に入り、志願倍率が5倍以下となったが2008年に成長期に転じた。歯学(専門課程)(図表3-11b)は一貫して志願者数が減じ2008年に撤退期に入った。
図表3-11
図表3-11a
図表3-11b

12 工学・建築・技術系統(図表3-12、3-12a、3-12b)

 機械工学(図表3-12)は、2004年まで撤退期を継続していたが、再成長予兆期に転じ2008年から成長期に転じた。応用化学(図表3-12)は、2000年に成長期から再成長予兆期に転じ、2004年に撤退期に転じ2008年に再成長予兆期に転じた。情報工学(図表3-12a)は、1996年から撤退期を継続していたが、2004年に衰退期に転じ、2008年から成長期となった。電気工学(図表3-12a)は、一貫して撤退期が継続。電子工学(図表3-12a)は、2008年まで一貫して撤退期が継続していたが、再成長予兆期に転じた。建築学(図表3-12a)は、1996年から撤退期が継続していたが、2008年から成長期に転じた。土木工学(図表3-12a)は、2004年まで撤退期が継続し、その後該当学科がなくなった。応用物理学(図表3-12a)は、2000年まで成長期が継続していたが、その後変化がなく、2008年に撤退期に転じた。経営工学(図表3-12a)は、一貫して撤退期が継続。航空・船舶・自動車工学(図表3-12b)は、撤退期が継続しているが、非公表のため分析対象から外す。システム・制御工学(図表3-12b)は、2004年まで成長期であったが、その後撤退期となっている。通信工学(図表3-12b)は、志願者の増減を繰り返しているが、2008年から成長期に入った。画像・音響工学(図表3-12b)は、2000年に再成長予兆期に入り、2004年に成長期となったものの、2008年に撤退期に転じた。環境工学(図表3-12b)は、2004年に成長期から再成長予兆期に転じ2008年に衰退期になった。材料工学(図表3-12b)は、一貫して撤退期が継続し、2012年の該当学科がなくなった。
図表3-12
図表3-12a
図表3-12b

  
   

寺裏誠司  リクルート進学総研 客員研究員 (2013/10/22)



【大都市圏の学科のライフ・サイクル分析 関西版】

・文化・地理・歴史系統(3-1、3-1a)
・芸術・文学・表現系統(3-2、3-2a、3-2b)
・数学・物理学・化学系統(3-3)
・法律・政治・経済系統(3-4、3-4a)
・家政・生活系統(3-5、3-5a)
・生物系統(3-6)

・社会・マスコミ系統(3-7、3-7a)
・人間・心理・教育・福祉系統(3-8)
・地球・環境・エネルギー系(3-9)
・国際・語学系統(3-10)
・スポーツ・健康・医療系統(3-11、3-11a、3-11b)
・工学・建築・技術系統(3-12、3-12a、3-12b)

→ライフ・サイクル図首都圏版を読む

→ライフ・サイクル図東海版を読む

カレッジマネジメント【179】 Mar. - Apr. 2013 の目次一覧に戻る