高校生の進路選択に関する調査(進学センサス)

高校生の進路選択プロセス(行動・意識)を中心に、進路選択に際しての情報源、進路指導の内容と影響などを把握し、高校生の進路選択の現状を明らかにする調査です。
高校生の進路選択に関する調査(進学センサス2019)

進学センサス2019 「オープンキャンパス」編

オープンキャンパス参加時期はさらに早期化
平均参加校数3.9校、役立ち度96%で増加傾向

■志望校検討時に最も重視すること

  1位:「学びたい学部・学科・コースがあること」(80.4%)
  2位:「校風や雰囲気が良いこと」(47.9%)
  3位:「自分の興味や可能性が広げられること」(46.6%)

■男子は就職、女子は校風や雰囲気をより重視

  男女ともにトップは「学びたい学部・学科・コースがあること」(男子75.9% 女子 84.5%)
  男子 2位:「就職に有利であること」(44.4%)、
  女子 2位:「校風や雰囲気がよいこと」(56.1%)

■1年・2年時の参加率が高まり、早期化傾向。2年時参加率が最も高く72%

  高校1年生の参加率 2013年 38.0% →2016年 46.5% → 2019年 47.3%
  高校2年生の参加率 2013年 65.2% →2016年 69.2% → 2019年 71.5%

■参加校数は平均3.9校。前々回調査より2回連続で増加

  大都市圏は平均4.6校参加しており、大都市圏以外の平均3.2校を上回る。

■オープンキャンパスの評価で高まっているのは、①『キャンパス見学』 ②『入試』 ③『資格・費用』

進学センサス2019 「アドミッション・ポリシー編」

85%の高校生が大学の
『アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)』を認知

■高校生の85%がアドミッション・ポリシーを『認知』(高校教員認知度 91%)

 ・男女別にみると、女子が男子より6.3ポイント高い。(男子 81.8% 女子 88.1%)
 ・『認知』のうち、「名前も意味も知っており、個別大学も調べたことがある」高校生は51%

■80%が“志望校検討時”にアドミッション・ポリシーは役立ったと回答
 (高校教員「進路指導で活用」57%)

■『認知』が8割を超えた「学校のアドミッション・ポリシー」について知りたいと回答した
高校生は14%。認知度とのかい離が大きい

今回のリリースのPOINT

1)9割以上がオープンキャンパスに参加。参加時期は早期化しており、3年生ではなく、2年生での参加率が最も高く72%。一人が4校に参加し、役立ち度96%と有益な学校選択の場となっている。

2)2017年より大学に策定が義務付けられた『アドミッション・ポリシー』について、8割以上の高校生が認知している。うち「個別大学について調べたことがある」が過半数に。高校教員(※1)も9割以上が認知し、過半数が進路指導で活用している。高校現場での活用が進んでいることがわかる。

(※1「高校教育改革に関する調査2018」より)

調査概要
調査項目
進路選択行動プロセス/進路選択行動時期/進路希望の変更理由/影響メディア/出願校数/情報源/パンフレットの入手経路/オープンキャンパス・学校見学会の参加状況/オープンキャンパスの同伴者/オーブンキャンパスで知りたかったこと/進路先検討時の態度/将来に対する考え方/地元志向/学費や奨学金への関心
調査時期
2019年3月18日~4月11日
調査対象
全国の2019年3月高校卒業の男女