高校生と保護者の進路に関する意識調査

高校2年生とその保護者に対し、進路に関する考え方やコミュ二ケーションの実態を探る調査を実施いたしました。
一般社団法人全国高等学校PTA連合会・株式会社リクルートマーケティングパートナーズ合同調査

第9回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2019

一般社団法人全国高等学校PTA連合会(所在地:東京都千代田区 会長 牧田 和樹)と株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 柏村 美生)は、高校2年生とその保護者に対し、進路に関する考え方やコミュ二ケーションの実態を探る調査を実施いたしました。ここに集計結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

教育改革の評価
「高校教育」への期待は高まる一方、
「大学入学者選抜」への不安が残る

【教育改革への期待と不安】

  • 高校生・保護者ともに、『高校の教育』に関しては、5項目全て「期待」が「不安」を上回っている。
  • 『高校の教育』に関しての「期待」のトップは、
    •   高校生:「ICT技術を活用し、一人ひとりが最適な学習内容と進度で学べる」70.2%
    •   保護者:「生徒が自らテーマを設定し、調べたり解決に向けて取り組む探究学習が重視される」61.7%
  • 『大学入学者選抜』に関しては、7項目中6項目で「不安」が「期待」より大きい。
  • 高校生の38%、保護者の24%は、通っている高校は教育改革へ対応していると感じている。

【進路選択について】

  • 進路選択のアドバイスは保護者の73%が「難しい」と感じており、難しい理由トップは「入試制度をはじめ最新の進路情報を知らないから」。
  • 進学にあたり保護者が重要だと考える情報は「現在の入試制度の仕組み」が8割。

【将来必要な力と現在持っている力のギャップ】

  • 「社会で働くにあたって必要とされる能力」で不足しているのは、「主体性」「実行力」「発信力」。
  • 身につけるのに有効な場は、高校生・保護者ともに「部・クラブ活動の時間」 がトップ。

【子どもとの日常コミュニケーション】

  • 教育改革を踏まえて、子どもとのコミュニケーションで「特に今後心掛けていきたい」ことは、「『自分で選択し、それに責任をもつ』ことが大切だと言っている」がトップ。

保護者の57%が
子どもの将来に「AIの影響がある」と回答
前回調査より18ポイント増加

【将来へのAI影響について】

調査概要
調査目的
高校生を持つ保護者とその子どもにおけるコミュニケーションの実態と進路観の現状を把握する
調査時期
2019年9月1日(日)~2019年10月25日(金)
調査方法
(1)高校生 ホームルーム時にアンケート実施
(2)保護者 高校生から保護者へアンケートを手渡しで依頼、実施。
調査対象者
高校2年生とその保護者
一般社団法人全国高等学校PTA連合会より依頼した9都道府県、各3校ずつ計27校の公立高校

Archives過去の調査結果

第8回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2017



第7回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2015



第6回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2013



第5回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2011



第4回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2009



第3回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2007



第2回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2005